【キャロウェイ】あらゆる箇所の大幅バージョンアップで、さらに引き上げられたボールスピード ROGUE STシリーズ

キャロウェイゴルフ

DR / FW / UT / IR / Women’s

キャロウェイゴルフ株式会社(東京都港区白金台 社長:アレックス・ボーズマン)は、 「ROGUE STドライバーシリーズ」を2022年3月下旬より、全国のキャロウェイゴルフ取扱店とキャロウェイ オンラインストア(callawaygolf.jp)にて発売いたします。
ROGUE ST MAXドライバー

2021年のEPICシリーズに代わって、2022年はROGUE STシリーズの誕生です。ドライバーでは、あらゆるテクノロジーをファインチューニングし、数多くの進化を積み上げる開発が行われました。キャロウェイ独自のAI設計によるFLASHフェースSS22やJAILBREAK AI スピードフレームは、より効率化と最適化が図られ、トライアクシャル・カーボンクラウン&ソールを搭載するボディには、新たに一体成型のUNIボディ構造を採用。インパクトのパワーは、まさに余すことなくボールへと伝えられるようになりました。ラインアップには、スタンダードな「ROGUE ST MAXドライバー」、プロ、上級者向けの「ROGUE ST MAX LSドライバー」、ドローバイアスの「ROGUE ST MAX Dドライバー」、超軽量な「ROGUE ST MAX FASTドライバー」の4機種を用意しています。


ドライバー同様に、ROGUE STフェアウェイウッドシリーズにおいても、あらゆる部分でスピードのさらなる追求が図られています。もっとも大きな進化は、ヘッド内のトウ・ヒール部に設置されるようになったAI JAILBREAK ST。これにより、従来のブレード形状よりもフェースのたわみやすい範囲が広がり、かつ慣性モーメントの向上にも貢献しています。ここに、タングステン・スピードカートリッジの搭載や、3年目を迎えたAI設計による、さらに最適化されたFLASHフェースSS22などが加わり、型破りなボール初速を実現しています。ラインアップには、「ROGUE ST MAXフェアウェイウッド」「ROGUE ST LSフェアウェイウッド」「ROGUE ST MAX Dドライバー」「ROGUE ST MAX FASTドライバー」の4機種を用意しました。

ROGUE STユーティリティシリーズにおいても、キャロウェイ独自のJAILBREAKテクノロジーが刷新されました。フレーム状の形状をした、JAILBREAK STの採用です。ヘッド内のトウ・ヒールに設置することより、従来よりもフェースカップの端までしっかりとたわませることができるようになり、ボール初速の向上を可能にしました。もちろん、他にもあらゆる部分で最適化が進められています。AI設計によるFLASHフェースSS22は、スピードだけでなく、スピン量や打ち出し角までも考慮されたものとなり、トウ側に配置したプレシジョン・タングステンウェイトは、重心をフェースセンターに配置することに貢献しています。ラインアップは、「ROGUE ST MAXユーティリティ」「ROGUE ST PROユーティリティ」「ROGUE ST MAX OSユーティリティ」「ROGUE ST MAX FASTユーティリティ」の4機種です。

ROGUE STアイアンシリーズにおける進化も、多方面にわたっています。AI設計のFLASHフェースSS22では、モデル別、ターゲット別にさらなる最適化がなされましたが、スピードの追求はこれで終わりません。フェースカップの素材にも着目し、より高強度のカーペンター450を採用。貪欲に、ボール初速の向上を図りました。また、定番となったテクノロジー、ウレタン・マイクロスフィアを増量。フェース裏側のかなりの高さまで覆うようになり、ソフトな打感を得られる範囲が拡大しました。もちろん、ユーティリティ同様にプレシジョン・タングステンウェイトも搭載され、寛容性やボールの上がりやすさがいっそう高まっています。ラインアップは、4種類。「ROGUE ST MAXアイアン」「ROGUE ST PROアイアン」「ROGUE ST MAX OSアイアン」「ROGUE ST MAX FASTアイアン」です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ