〈160人以上が集う国内最大級のフットゴルフイベント〉「第一回スポーツビジネス交流会~フットゴルフオープン2022」2022年1月22日(日)にセブンハンドレットクラブで開催!

株式会社セブンハンドレッド

株式会社セブンハンドレッド(本部:栃木県さくら市、代表取締役社長:小林忠広、以下セブンハンドレッド)は、国内最大級の一般参加型フットゴルフイベント「第一回Sports Business交流会 フットゴルフオープン2022」が、同社が運営するゴルフ場「セブンハンドレッドクラブ」にて2022年1月22日(日)に開催されることをお知らせいたします。


■第一回Sports Business交流会 フットゴルフオープン2022について

第一回Sports Business交流会 フットゴルフオープン2022は、フットゴルフW杯2018日本代表である軍司和久氏が発起人となって開催されるフットゴルフイベントです。出場人数は最大360名(個人戦・シングルぺリア方式)と国内最大級の規模を予定しています。

本イベントの特徴はカテゴリを設けていないことです。フットゴルフはティーの位置を変えたりハンディキャップを設けたりすることで、誰もが平等に競い合える競技の一つです。このフットゴルフの機能を活用し、スポーツビジネスに関わる方はもちろん、老若男女や健常者、非健常者、障がい者、がんサバイバー、LGBTQなど、全ての人たちがフットゴルフを通じて知り合い、仲良くなることを目指しています。最終的には、フットゴルフという競技を通じて、互いに認め合いそして混ざり合う、インクルーシブな世界の実現に貢献したいと考えています。

●大会要項 
https://note.com/kazuhisagunji/n/nf8da09209d9a

■発起人プロフィール

軍司 和久(ぐんじ かずひさ)氏
2007年に大手広告会社に入社後より一貫してスポーツ関連業務に従事し、バドミントン、女子プロゴルフ、テニス、フットゴルフ、ラグビーW杯等、様々な競技の大会やイベント運営、選手マネジメント等を担当。近年では、スポーツを通じた社会課題解決の実現に向けて、有志と定期的なディスカッションを続けるなど、公私問わずスポーツの価値向上に全力を注いでいる。フットゴルフジャパンツアーには2016年より参戦。2017年に日テレG+で放送された世界6大メジャー「FIFG WORLD TOUR JAPAN FOOTGOLF INTERNATIONAL OPEN 2017」では、世界初のフットゴルフ競技中継番組の解説者を務める等、国内におけるフットゴルフの競技力向上と普及の両面で様々な活動を行っている。フットゴルフワールドカップ2018inモロッコ日本代表。
軍司 和久氏Twitter:@kazuhisagunji https://twitter.com/kazuhisagunji

■大会概要

●大会名:第一回Sports Business交流会 フットゴルフオープン2022
●日程:2022年1月22日(土)8:00 受付開始、10:00一斉スタート
●会場:セブンハンドレッドクラブ(栃木県さくら市早乙女2370番地)
●主催:Sports Business交流会、フットゴルフオープン2022実行委員会
●共催:セブンハンドレッドクラブ
●協賛:株式会社オンワードパーソナルスタイル、kingroy tokyo footgolf、株式会社グラディ、さくら市フットゴルフタウン推進委員会、有限会社サン・タナカ、日本シグマックス株式会社、株式会社ソフィアクリスタル、株式会社バルシューレ・アカデミー、藤沢機器株式会社、株式会社メイフラワー、株式会社ユーグレナ、株式会社喜場等
●最大出場人数:個人戦360名(シングルぺリア方式)
―団体戦72組(5人1組/シングルぺリアのスコアを平均したスコアで順位を決定)
―クラブ対抗戦(出場時クラブを選択/Jクラブ以外も選択可/同じクラブを選択した選手たちでチームを結成。チーム内におけるシングルぺリアのスコアの平均が最も少ないチームが優勝)
●競技方法:5人1組/36ホールフルショットガン方式(プレーは18H)
●参加資格:スポーツビジネスに携わっている方/スポーツビジネスに携わっていないがフットゴルフをプレーしてみたい方/スポーツビジネス関係者と知り合いになりたい方/なんかよくわからないけど出てみたいと思ってしまった方/但し、18歳未満の方は引率者同伴の元出場とする。(引率者はプレーしなくても良い)
●応募方法:4人1組で応募/各組に大会で用意したフットゴルフ経験者がアテンドで1人つきますので5人一組でのプレーとなります/1~3人でも応募可能ですが組み合わせとなります
●参加費:4,600円、中高生2,500円、小学生以下1,000円(いずれも税込、ワクチン未接種の方の抗原検査キット代含む、プレー中の軽食含む)

■史上最速で世界中で発展している新スポーツ「フットゴルフ」

「サッカーボールを蹴ってゴルフをする」──サッカー(フットボール)とゴルフ、この異なるスポーツを融合した新しいスポーツです。サッカーボールの5号球を使い、ゴルフコースで9ホール、または18ホールをラウンドします。
2009年にオランダでルール化されると、2012年にはハンガリーで第1回ワールドカップを開催。欧米を中心にすでに30カ国以上で楽しまれており、史上最速で世界中で発展している新スポーツと言われています。2019年7月にはJリーグクラブでは初となるフットゴルフクラブ「FC岐阜フットゴルフクラブ」が設立され、2024年パリオリンピック正式種目を目指す取り組みがフットゴルフ協会を中心に進められるなど、注目が高まっているスポーツです。

■セブンハンドレッドクラブについて

セブンハンドレッドクラブは1980年にオープンしたゴルフコースです。名匠・和泉一介氏の設計によるゴルフコースは、100万平方メートル(約30万坪)という広大なスペースに18ホールをゆったりとレイアウトしました。趣のある林間ホールや池が絡んだ美しくスリリングなホールが次々と展開し、プレーヤーの挑戦意欲をかき立てます。2019年からはフットゴルフコースをオープンし、国内初となる2コース・36ホールを常設いたしました。クラブでは「みんなが幸せを実感できるゴルフ場」をビジョンに掲げ、地域イベントなどゴルフ場を通じてさまざまな方々が楽しめる環境を作るべく活動しています。

■企業概要
社名:株式会社セブンハンドレッド
代表者:代表取締役社長 小林 忠広
所在地:〒329-1414 栃木県さくら市早乙女2370番地
創立:1962年6月26日
事業内容:ゴルフ場経営及びスポーツ施設提供業
URL:https://www.700c.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ