加藤一二三氏 「バチカンと日本 100年プロジェクト」アンバサダー就任記念!YouTubeライブで生配信!

株式会社KADOKAWA

日本の文化振興に寄与するための事業を手掛ける公益財団法人 角川文化振興財団(理事長:角川歴彦)は、朝日新聞社との共催で、現在A-portにて実施中の「バチカンと日本 100年プロジェクト」クラウドファンディングの応援プログラムとして、この度、同プロジェクトのアンバサダーに就任した加藤一二三氏による特別講演会を朝日新聞東京本社・本館2階読者ホールにて開催し、YouTubeライブで生配信いたします。

加藤一二三 バチカンと将棋を語る~より良い人生を歩むために~


 将棋棋士・九段で仙台白百合女子大学客員教授の加藤一二三氏が、 「バチカンと日本100年プロジェクト」のアンバサダーに就任されました。 (加藤氏からのビデオメッセージはこちら→https://youtu.be/w8Zs6CGEDvg
 この度、A-portで実施中のクラウドファンディングの応援を兼ねて、下記の通り、加藤氏による特別講演会を開催することとなりました。
 講演会では、加藤氏とバチカンとのご縁のきっかけや、カトリック信徒としての信仰と厳しい将棋の勝負の世界との関係、さらにローマ教皇との接見の思い出など、様々な角度から、より良い人生を歩むためのヒントとなるようなお話をうかがいます。
 この模様は、YouTubeでライブ配信をいたします。 また抽選で20名様をライブ配信の特別観覧会にご招待いたします。

日時:2022年1月14日(金) 19:00開演(開場18:30)
会場:朝日新聞東京本社 本館2階 読者ホール(東京都中央区築地五丁目3番2号)

プログラム

■バチカンと日本100年プロジェクト特別講演
「加藤一二三 バチカンと将棋を語る~より良い人生を歩むために~」 加藤一二三氏(棋士)
※ プログラムは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
主催:角川文化振興財団 共催:朝日新聞社
応募方法:こちらのイベント告知ページの「応募する」ボタンから必要事項を入力の上、ご応募ください。
      →https://que.digital.asahi.com/epost/11006748
応募締切:2022年1月13日(木)15:00
注意事項
※バチカンと日本100年プロジェクトについては、こちらをご覧ください。 https://vj100.jp/
※当日はプロジェクト公式YouTubeチャンネル上でライブ配信を行います。こちらでもお楽しみいただければ幸いです。 https://www.youtube.com/channel/UCf6pYfw9yM0J_IIW_WO3-cw/
■その他、詳細はこちら→https://que.digital.asahi.com/epost/11006748

2022年はバチカンと日本の国交樹立80周年!「バチカンと日本 100年プロジェクト」各事業を続々展開!

 450年以上にもわたる長き交流期間を通して、バチカン市国(教皇庁)には宣教師が書き送った文書や近代の外交関係資料など日本に関する数多くの文献が収められてきました。しかしいまだ十分な包括的な調査は行われておらず、研究の光が当てられていない史料も数多く存在します。両国の今後のさらなる友好に寄与することを願い、教皇庁文化評議会(Pontificium Consilium de Cultura)の後援のもと、協賛各社のご支援をいただき、バチカン図書館やバチカン文書館などに存在する日本関係文書の調査研究活動を中心とする「バチカンと日本 100年プロジェクト」を、38年ぶりとなる2019年11月のローマ教皇の来日を契機としてスタートさせました。
 しかしながら、その後の2020年以降コロナ禍による世界的なパンデミックにより、長くそのプロジェクト活動が延期や中断を余儀なくされておりましたが、2021年より様々な催しなどを再開。2021年11月13日(土)には、上智大学にて公開シンポジウム「バチカンに眠る日本の記憶―文化と交流450年・教皇の知り得た日本―」が開催され、大きな反響を呼びました。
(アーカイブ配信公開中→https://ciy.digital.asahi.com/ciy/11006326
 奇しくも本年2022年は、1942年に両国の国交が樹立してより80年。レオ・ボッカルディ(駐日バチカン大使)氏からも全面的な協力を得て、様々な成果発表やイベントなどを実施していく予定です。ご期待下さい。

公式ウェブサイト:https://vj100.jp/

クラウドファンディングによる文化交流パートナーを絶賛募集中!(締切~2022年2月22日)

「La Civilta Cattolica(ラ・チビルタ・カットリカ)」日本版 0号 - 1号
特別表紙本 「バチカン美術館の至宝100」
バチカン図書館やバチカン文書館には未解明の日本関係資料が数多く残されています。これまでの交流の歴史を解き明かすだけでなく、100年先の未来を見据えた友好関係の礎を築くためにも、ロマンあふれる研究を継続し、新たな歴史発見の目撃者となる文化交流パートナーをクラウドファンディングにて募集中です。
クラウドファンディングの詳細は→ https://vj100.jp/cf/
A-port募集サイト→https://a-port.asahi.com/projects/vatican100/
公式ツイッター(https://twitter.com/cf_vj100
公式Facebook(https://business.facebook.com/vj100.jp/

文化交流パートナー、絶賛受付中!!

「バチカンと日本 100年プロジェクト」
●主催 公益財団法人 角川文化振興財団
●共催 朝日新聞社
●協賛 NTTデータ、凸版印刷、みずほ銀行、KADOKAWA
●後援 教皇庁文化評議会、カトリック中央協議会、駐日ローマ法王庁大使館、駐日イタリア大使館、イタリア文化会館、長崎県、長崎市、大村市、五島市

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ