ウィンタースポーツ用品の市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR5.7%で成長予測

株式会社グローバルインフォメーション

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ウィンタースポーツ用品の世界市場:製品別(ソリ、スノーチューブ)、流通チャネル別(オンライン、オフライン)、地域別(北米・欧州・APAC・CSA・MEA)別の市場規模、シェアおよび動向分析、セグメント別予測(2021年~2028年)」(Grand View Research, Inc.)の販売を1月12日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/grvi1039298-winter-sporting-goods-market-size-share-trends.html

ウィンタースポーツ用品の市場規模は、2020年には3億6,990万米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR5.7%で成長すると予測されています。消費者の間でスノースポーツを含むアウトドアアクティビティの人気が高まっており、精神的・肉体的なメリットへの認識の高まりが、ウィンタースポーツ用品の需要を牽引しています。そりやチューブなどのウィンタースポーツ用品は、競技性だけでなくレジャー性も兼ね備えており、自然系スポーツへの人気から需要が拡大しています。

健康的なライフスタイルに対する消費者の関心と相まって、米国、カナダ、ドイツ、スウェーデン、フランス、オーストリアといった寒冷な気候の地域を中心として、スキー、スノーボード、クロスカントリースキー、そり、アイススケートなど、ウィンタースポーツの人気が高まっています。また、フィギュアスケート、ボブスレー、リュージュ、アルペン・スノーボードなど、ウィンタースポーツがオリンピックで人気を博していることも、同市場の成長を後押ししています。

ウィンタースポーツを含むスポーツへの女性の参加が増加していることも、同市場の成長を後押しする大きな要因となっています。英国放送協会(BBC)によると、イングランドでスポーツに参加している男女の数の差は、2016年の185万人から2018年には155万人に減少しており、この差は今後数年間でさらに縮まることが予想されます。

また、ストレスや肥満などの生活習慣病の増加に伴い、スポーツやフィットネスに励む人が増えており、これがソリをはじめとする快適でスタイリッシュなウィンタースポーツ用品の需要を喚起しています。そり遊びは、冬に人気のアクティビティであり、シンプルで手軽なスポーツとして、アマチュアや個人の愛好者が増えています。そり遊びは、プラスチックや発泡スチロール、木などの素材で作られた専用のそりに座った状態で行います。このスポーツは、家族でアウトドアスポーツを楽しむ人々の間で最も人気のある冬の娯楽の一つです。

2020年前半に中国で発生したCOVID-19のアウトブレイクは、ウィンタースポーツ用品市場の成長を低迷させる可能性があります。同市場の多くのメーカーは、ウィンタースポーツ用品の製造に使用される完成品だけでなく、原材料についても以前より中国市場に依存してきました。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/grvi1039298-winter-sporting-goods-market-size-share-trends.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ