大牟田市動物園のキリン専用に、オーダーメイドの保温サポーターを開発

ダイヤ工業株式会社

キリン専用のオーダーメイドサポーター

医療用品メーカーのダイヤ工業株式会社(本社:岡山県岡山市 代表:松尾浩紀)から生まれたアニマルケアブランド「anifull(アニフル)」は、「動物福祉を伝える動物園」がコンセプトの大牟田市動物園(福岡県大牟田市)のキリン専用に2021年12月にオーダーメイドの保温サポーターを開発しました。
大牟田市動物園URL:https://omutacityzoo.org/

開発経緯

サポーター装着図
大牟田市動物園のキリンのリンは、2005年9月30日生まれのオスです。2017年1月から毎年冬季に跛行が見られるようになり、大牟田市動物園ではその対策、原因の調査を行っていました。冬季のみ跛行が発生していたことから、肢が低温環境にさらされることが原因と考えられたため、2019年12月より肢の保温を目的として馬用のプロテクターの装着を開始しました。実験により馬用プロテクターの装着をすることで肢の保温が可能であることが明らかとなり、跛行対策として有効である可能性が考えられました。これ以降、現在まで跛行はみられておりませんが、馬用プロテクターではサイズ等に課題があるため、オリジナルのサポーターの作成を計画していたところ、アニマルケアブランドのanifull(アニフル)に繋がることとなり、今回の開発に至りました。anifull(アニフル)では2014年より動物用のサポーターを開発しております。主に犬用のサポーターを開発しておりましたが、犬以外の動物やいろんなサイズの犬に対応する為に、オーダーメイドのサポーターを作成しておりました。今回、キリンのリンとの出会いをきっかけに、全ての動物たちの困りごとを解決したいと考え、開発に挑戦しました。

保温サポーター製品詳細

サポーター(右用)
本製品は全長74cmでキリンの足の長さに合わせて設計しており、吸湿発熱性素材『モイスケア(R)』を使用しました。『モイスケア(R)』はウールに比べて約3倍の吸湿発熱性能があり、衣服内温度が綿に比べて最大2℃も高くなる保温に適した素材です。さらに、人間用のコルセットやサポーターに使用している様々な素材を組み合わせ、支持性とフィット性にこだわって製作しています。また、サポーター本体にポケットがあり、体温測定センサを入れて使用ができます。保温サポーターを装着することで跛行を予防し、キリンの健康管理ができればと考えています。

大牟田市動物園について


大牟田市動物園は「動物福祉を伝える動物園」というコンセプトのもと、日々動物たちの生活の質の向上に取り組んでいます。動物福祉とは、動物が精神的にも肉体的にも健康であり、環境と調和していることを意味しています。当園の動物たちがそうなれるよう、またその動物たちの姿をお客様にご覧いただくことで、動物福祉について一緒に考えていただけたらと思い、日々さまざまな工夫を行っています。

anifull(アニフル)について


anifull(アニフル)は医療用品メーカーから生まれたアニマルケアブランドです。人間だけでなく、動物たちに対しても運動のサポートができる製品づくりを目指したい、そんな想いから誕生した動物へ健康を届けるアニマルケアブランドです。運動器のサポート技術で培ったノウハウを活かし、ペットの健康をサポートする高品質製品を提供し続け『ペットの健康寿命延伸』に貢献するため『動物想い品質』の製品やサービスをお届けします。

【ダイヤ工業株式会社】
所在地:〒701-0203 岡山県岡山市南区古新田1125
代表者:代表取締役 松尾浩紀
設立:1963年4月
資本金:1,000万円
Tel:086-282-1245
Fax:086-282-1246
Mail:info@daiyak.co.jp
URL:https://www.daiyak.co.jp
anifull URL:https://anifull.jp
公式Twitter:https://twitter.com/daiyak_medical
anifull instagram:@anifull_pet https://www.instagram.com/anifull_pet
事業内容:コルセット、サポーター、インソール、テーピング・トレーニング用品など多岐にわたる製品を開発・販売

【お問い合わせ】
ダイヤ工業株式会社
広報担当:藤原
Tel:086-282-1245
Mail:info@daiyak.co.jp
営業時間:平日9:00~17:30
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ