植物から生まれた新たなナイロン繊維の開発、販売開始

東レ株式会社

~100%植物由来のナイロン繊維「エコディア(R)N510」~

東レはこのたび、原料のポリマーをすべて植物由来にしたナイロン510繊維を新たに開発し事業化をスタートしました。
スポーツ・アウトドア用途向けを中心に、薄地織物からカットソー素材、インナーレース・資材用途までアイテムを幅広く揃え、国内外のハイエンドゾーンに向けたサステナブル商材としてご提案します。

 東レ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:日覺昭廣、以下「東レ」)は、このたび、原料のポリマーをすべて植物由来にしたナイロン510(N510)繊維を新たに開発し事業化をスタートしました。
当社は、バイオマス由来ポリマー素材・製品の統合ブランドである「エコディア(R)」の新たなラインナップの一つとして「エコディア(R) N510」の販売を開始します。「エコディア(R)」統合ブランドで、原料のポリマーを100%植物由来※1にしたナイロン繊維の上市は今回が初めてです。
(※1:ISO16620-1 3.1.5 biobased synthetic polymer content(植物由来割合)が100%。)

 当社は、「エコディア(R) N510」の用途展開として、テキスタイルではスポーツ・アウトドア用途向けを中心に、薄地織物からカットソー素材まで、ファイバーではスポーツ・アウトドアからインナーレース・資材用途までアイテムを幅広く揃え、国内外のハイエンドゾーンに向けたサステナブル商材としてご提案します。
 テキスタイルの販売は、2023年秋冬シーズン向けからの販売を予定しており、2022年度 20万m、
2025年度 60万mの販売を目標とし、ファイバーの販売は、2024年秋冬シーズン向けからの販売を予定しており、2023年度 3.0t/月の販売を目標とします。

               【ナイロン510のテキスタイル写真】

 ナイロン繊維は、1930年代に米国で発明され、日本では1950年代初期に当社が先駆けて事業化した繊維で、しなやかで耐久性があり、しわになりにくく洗濯しやすい特徴から、アパレル製品をはじめ、様々な用途で長年使用されてきました。しかしながら、一般的に合成繊維の原料は石油由来であり、資源枯渇や地球温暖化などの地球環境問題から、原料の植物由来化が図られてきました。特に、昨今では、サステナブル社会実現への意識の高まりから、環境配慮型素材に対する要望がますます増え、さまざまな植物由来原料を使用した素材が開発、事業化されています。

 当社においても、既に原料の一部を植物由来に置き換えた素材をポリエステルやナイロン、その他の素材で販売、展開をしています。
今回開発した「エコディア(R) N510」は、植物由来のセバシン酸(植物:ヒマ)とペンタメチレンジアミン(植物:トウモロコシ)を重合・紡糸してつくる、100%植物由来※1のナイロン繊維です。
 「エコディア(R) N510」は、実用的な100%植物由来※1ナイロンとして他の100%植物由来※1ナイロンにはない特徴があり、融点が高く、また、優れた寸法安定性を有しています。従来のナイロン6と同等の強度と耐熱性を持ち合わせているため、現行の石油由来ナイロンを使用した商品と同様のスペックでありながらサステナブル商品の企画が可能です。

 今後は、当社の保有する様々な技術と組み合わせ、繊維の太さを細くすることによる軽量化や、繊維の断面形状を異形にしたりすることによる機能性の付与など、繊維の更なる高度化を進め、アパレル用途をはじめ、幅広い用途で持続可能な社会実現に貢献する素材として幅広く用途開拓を推進していきます。

               【ブランドロゴ】        

 東レは、“東レグループ サステナビリティ・ビジョン“のなかで、世界が直面する「発展」と「持続可能性」の両立をめぐる様々な難題に対し、革新技術・先端材料の提供によって、本質的なソリューションを提供していくことを宣言しています。
 今回開発した100%植物由来のナイロン繊維「エコディア(R) N510」は、当社グループが目指す2050年におけるカーボンニュートラルの実現の取り組みの一環であり、世界共通の課題である環境問題の解決に対し貢献するものと考えています。当社は今後とも、革新技術・先端材料の提供によって、人々のライフスタイルの多様化に応え、豊かな生活の実現とサステナビリティの両立に貢献していきます。

製品の詳細については下記の通りです。

1.素材名称 : 「エコディア(R) N510」
2.商品特長.技術概要 : 
(1)100%植物由来※1のナイロン繊維
  植物由来のセバシン酸(植物:ヒマ)とペンタメチレンジアミン(植物:トウモロコシ)が原料。
(2)従来のナイロン繊維と同等の物性。
  融点が高く、従来のナイロン6と同等の強度と耐熱性を保有。
(3)湿度に対する優れた寸法安定性。
(4)当社の繊維要素技術と組み合わせることで更なる機能付与が可能。
  細繊度化による軽量性や、異形断面等による機能性付与。

3.発売時期 :
(1)テキスタイル : 2023年秋冬シーズン向けより販売開始
(2)ファイバー  : 2024年秋冬シーズン向けより販売開始

4.販売計画 : 
(1)テキスタイル
A.数量   : 2022年度 20万m、2025年度 60万m
B.展開用途 : アウトドア用途 アウター
(2)ファイバー 
A.数量   : 2023年度  3.0t/月
B.展開用途 : アウトドア、インナーレース、資材他

               【ナイロン510を使用し縫製品写真】

<ご参考>
 東レグループは、1/14(金)~16日(日)に開催される“TOKYO OUTDOOR SHOW 2022”に出展します。「エコディア(R) N510」を使用したアパレル製品ほか、当社グループのグリーンイノベーション素材・製品を展示いたします。
 また、東レブースでは2022年 東レキャンペーンガール 間瀬 遥花(ませ はるか)さんも登場し、サステナビリティ(持続可能性)をテーマにしたトークセッションを行います。
 是非ともご来場ください。

【展示会概要】
・展示会名 :  TOKYO OUTDOOR SHOW 2022  http://tokyooutdoorshow.jp/
・場 所   :  幕張メッセ(日本コンベンションセンター) 国際展示ホール11
            千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
・会期    :  1月14日(金)9:00~19:00 ビジネスデー
            1月15日(土) 9:00~19:00 一般公開日
1月16日(日) 9:00~18:00 一般公開日
・東レブース番号:  1148
・主な展示物 : 「&+」(PETボトルリサイクル)、
「エコディア(R)」(バイオマス由来ポリマー素材・製品)など

【キャンペーンガール出演について】
・日 程   :    1月14日(金) 14:00(予定)~
            1月15日(土)、16日(日) いずれも11:00(予定)~、15:00(予定)~
・内 容   :     東レブースでのトークショー

    【2022年 東レキャンペーン 間瀬 遥花】

以  上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ