新時代のお笑いグランプリ「12秒グランプリ」優勝はTOKYO COOL「錦鯉、バイキング、ザコシショウと賞レース優勝してきて、僕らでSMAが4冠です!」

独立行政法人日本スポーツ振興センター

現代人の集中力“12秒”縛りのネタで競い合う!新時代の「ショートネタ王」決定!塚地「こんなに審査員に喋らせるグランプリない」

独立行政法人日本スポーツ振興センター(JSC)は、1月13日(木)夜10時より、お笑い番組「12秒グランプリPresented by MEGA BIG」を、新しい未来のテレビ「ABEMA」にて放送いたしましたので、その内容をご紹介いたします。本番組は1月22日(土)夜11時59分まで見逃し配信でご覧いただけます。

「12秒グランプリ」は、総勢32組の芸人が“12秒縛り”のネタで競い合う、新年初!?のお笑いグランプリです。現代人の集中力持続時間とされる“12秒”-。その12秒の中で、最も笑いがとれた芸人を、現代人に最も適している「新時代のショートネタ王」として表彰しました。永野、ゆってぃのようなベテラン芸人や、人気上昇中のゆめちゃん、怪奇!YesどんぐりRPG、だーりんずなど32組の芸人の中から見事優勝を果たしたのは、コンビ歴7年目のTOKYO COOLでした。ツッコミの前すすむさんは「初タイトル獲りました!(所属する)SMAは錦鯉、バイキング、ザコシショウと賞レース優勝してきて、僕らで4冠です!」と喜びのコメントを語りました。

本番組の司会を務めたのは、「キングオブコント2009」チャンピオンでもあるお笑いトリオ・東京03の角田晃広さん。そして審査員にはスピードワゴンの小沢一敬さん、ドランクドラゴンの塚地武雅さん、TikTokクリエイターのゆーりさんをお迎えし、番組を盛り上げていただきました。優勝したTOKYO COOLには、“12秒”のネタ時間と、MEGA BIGの最高当せん額“12億円”にちなみ、120万円が贈呈されました。

<ABEMA「12秒グランプリ」視聴URL>
https://abema.tv/channels/special-plus/slots/E2bUf614kY7uPu
※2022年1月22日(土)夜11時59分まで視聴可能。

番組レポート

―司会は東京03の角田晃広さん、審査員にはスピードワゴンの小沢一敬さん、ドランクドラゴンの塚地武雅さん、TikTokクリエイターのゆーりさん。


「12秒グランプリ」では、総勢32組のお笑い芸人が、8組ずつの4グループに分かれて12秒のネタを披露し、各グループ2組が予選を勝ち上がり決勝に進出。そして、最短で、最高の「新時代のショートネタ王」を決定します。優勝者には120万円が贈呈されます。
審査員として、スピードワゴンの小沢一敬さん、ドランクドラゴンの塚地武雅さん、TikTokフォロワー690万人のショート動画界のカリスマ・TikTokクリエイターのゆーりさんが登場しました。オープニングトークで小沢さんは「心配なのは、審査員コメントのほうが長くなってしまいそうなこと」と、12秒グランプリの難易度の高さを案じていました。

―予選白熱!決勝の舞台への切符は誰の手に!?TikTokクリエイターも手を叩いて爆笑


そして早速予選がスタート。予選の審査方法としては、3名の審査員がそれぞれ良かったと思う芸人2組に札を挙げ、札が挙がった数が多い芸人が決勝進出する方式です。

各組、12秒に全てを懸けてネタを披露していきます。Aグループでは、芸歴27年目の永野が「天狗と喧嘩する人」というタイトルで審査員全員の心を掴み、さらに12秒ぴったりにネタを収め決勝進出。小沢さんからは「一番無茶苦茶やるかなと思っていた永野さんが一番ちゃんとしていた」と高評価を得ていました。そしてもう一組は、タッカーノ。「うんこ踏んじゃった」という“お下品テーマ”ながらも、ラストの意外なオチで、決勝へとコマを進めます。これには、塚地さんも「すべての設定がこの『12秒グランプリ用』になっている」とべた褒め。

続いてBグループでは、キングオブコント決勝進出経験もある、だーりんずが「ひったくり」というタイトルで、彼らならではの“必殺ネタ”を披露し審査員から高評価。そして、“一言のツッコミ”にかけた若手人気コンビのストレッチーズと、TV番組『タモリ倶楽部』の人気コーナー「空耳アワー」の“あるあるネタ”で、小沢さんから「時間の使い方完璧じゃないですか」と絶賛されたパニーニの、計3組がそれぞれ2票ずつ獲得し、次のステージへと進出しました。

そしてCグループ。トップバッターのお笑いトリオ・トンツカタンは、とあるカップルの彼女の衝撃的なカミングアウトを、近くにいた青年が聞いてしまうという内容で支持を集めます。ゆーりさんも「TikTokでバズると思います」と、太鼓判を押していました。続いて人気上昇中の愛される孤高のピン芸人、岡野陽一が、買い物ではいまやおなじみのやり取りになった「レジ袋はいりますか?」というテーマを取り上げます。ゆーりさんは、手を叩いて笑うほど大爆笑し「メッチャ好きです」とお気に入りの様子でした。

最後のDグループでは、実力派コントコンビのザ・ギースが、12秒をゆうに超えてしまうというまさかの展開。「本当はもっと早めに音声が来るはずだった」と、スタッフのミスだったことを語るも、MCの角田さんからは「今見たままが全てになります」と非情宣告。ですが結果、決勝進出できたことにツッコミの高佐さんは「こんなのセオリーにない!」と戸惑いを見せました。もう一組は、コンビ歴7年目という短さにも関わらず、ともに45歳というTOKYO COOLが、“ラスト一秒”のどんでん返しで決勝進出を決めます。小沢さんも「『12秒グランプリ』ってこれなんだよな」と、そのわかりやすさを称えていました。

【予選突破】
Aグループ 永野、タッカーノ
Bグループ だーりんず、ストレッチーズ、パニーニ
Cグループ トンツカタン、岡野陽一
Dグループ ザ・ギース、TOKYO COOL

―優勝はTOKYO COOLに決定!掴みの早さが決め手に


決勝では、予選から勝ち上がった芸人9組がそれぞれ12秒ネタを披露しました。決勝で披露されたネタについて、審査員の小沢さんは「型ができている。美しい」、ゆーりさんは「12秒間すべておもしろい」とクオリティに感心している様子でした。
30組以上見届けた塚地さんからは「M−1、キングオブコント、R−1、THE W、すべての可能性がある人たちが参加したのはこの大会しかない。全部の集合体。なによりこんなに審査員に喋らせるグランプリはない」と総括。決勝の審査は3名の審査員が面白かったと思う芸人に1票ずつ入れる方式で、結果、見事優勝を果たしたのはTOKYO COOLでした。
TOKYO COOLは、予選の“ラスト一秒オチ”とはガラリと変え、決勝では複数のボケを持ってくるスタイルに変更。3票中2票が入り、優勝賞金の120万円が贈呈されました。ツッコミの前すすむさんは「初タイトル獲りました!(所属する)SMAは錦鯉、バイキング、ザコシショウと賞レース優勝してきて、僕らで4冠です!」と喜びを語りました。
勝利の決め手について審査員の小沢さんは「パニーニと悩んだんですけど、掴みの早さかな」と、M−1審査員のようなコメントを発し、待機していた芸人からは多くのツッコミが。終始、沢山の笑いと共に番組が進行していきました。

―角田、12億円があったら「12秒グランプリを毎月開催」
番組の合間には、司会の角田さんと、西澤アナウンサーがMEGA BIGについてトークする一幕も。
MEGA BIGのCMにも出演される角田さんは、そのCMについて「僕は織田信長になりました。しっかり衣装も用意していただいたんですが、普通にメガネをかけているし、ヒゲもないし、あまり寄せる気はないみたいです(笑)。現代にタイムスリップするという設定で、(共演の)石田ゆり子さんの受け入れが早いのがポイント」と見どころを語ります。すると唐突に、西澤アナウンサーから「もしMEGA BIGの1等12億円が当たったら何をしたいか12秒でお答えください」と質問が。角田さんは「え~!そのお金で『12秒グランプリ』を毎月開催!面白かったし、それだけあればずっとやれるでしょう!」と、番組に手応えを感じている様子でした。

番組概要


●見逃し配信:※2022年1月22日(土)夜11時59分まで視聴可能。
<URL>https://abema.tv/channels/special-plus/slots/E2bUf614kY7uPu

●出演者  :
・司会    :東京03・角田晃広、ABEMAアナウンサー西澤由夏
・審査員  :スピードワゴン・小沢一敬、ドランクドラゴン・塚地武雅、ゆーり(TikTokクリエイター)
・出場芸人:全32組
永野、シティホテル3号室、怪奇!YesどんぐりRPG、あぁ~しらき、TOKYO COOL、スーパーニュウニュウ、ぐりんぴーす、アイドル鳥越、ゆってぃ、だーりんず、ゆめちゃん、タッカーノ、ストレッチーズ、きのこちゃん、パニーニ、パラママ、トンツカタン、ロビンフット、ミクミクサイダー、じぐざぐ、あっぱれ婦人会、ぬえ、ハナイチゴ、牧野ステテコ、ぶたマンモス、岡野陽一、お見送り芸人しんいち、ママタルト、ザ・ギース、日本クレール、ねこじゃらし、スピーディーハンター(順不同)

司会・審査員・優勝者プロフィール

司会:東京03・角田 晃広(かくた あきひろ)
お笑いトリオ東京03のボケ担当。プロダクション人力舎所属。キングオブコント2009王者。1973年12月13日生まれの48歳。

司会:西澤 由夏(にしざわ ゆか)
ABEMAアナウンサー。バラエティ・スポーツ・報道番組まで幅広い番組の進行を務める。1993年8月12日生まれの28歳。

審査員:スピードワゴン・小沢 一敬(おざわ かずひろ)
お笑いコンビスピードワゴンのボケ担当。ホリプロコム所属。数々のお笑いグランプリの審査員も務める。1973年10月10日生まれの48歳。

審査員:ドランクドラゴン・塚地 武雅(つかじ むが)
お笑いコンビドランクドラゴンのボケ担当。プロダクション人力舎所属。お笑い番組だけでなく、俳優業でも活躍を見せている。1971年11月25日生まれの50歳。

審査員:ゆーり
日本のTikTokクリエイター/YouTuber。青山学院大学在学。
TikTokフォロワー690万人、YouTube登録者数は8万人を突破。
2000年9月6日生まれの21歳。

優勝者:TOKYO COOL(トウキョウクール)
2015年コンビ結成。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。
【写真左】カンカン
ボケ担当。1976年7月14日生まれの45歳。
【写真右】前すすむ(マエススム)
ツッコミ担当。1976年2月22日生まれの45歳。

■スポーツくじ「MEGA BIG」について

≪MEGA BIG  販売概要≫


販売スケジュールは特定指定試合の開催状況により変更となる場合があります。
※当せん金は、売上金額や当せん口数によって変動します。

ABEMAについて

「ABEMA」はテレビのイノベーションを目指し“新しい未来のテレビ”として展開する動画配信事業。登録は不要で国内唯一の24時間編成のニュース専門チャンネルをはじめ、オリジナルのドラマや恋愛番組、アニメ、スポーツなど、多彩なジャンルの約20チャンネルを24時間365日放送しています。
また、オリジナルエピソード数は国内発の動画サービスで日本 No.1(※1)を誇り、総エピソード数は常時 約
30,000 本以上を配信。ほかにも、注目の新作映画、国内外の人気ドラマ、話題のアニメなど豊富なラインナップの作品や、様々な音楽や舞台のオンラインライブも展開。テレビ、オンデマンドなど、時間に囚われることなくいつでも作品をお楽しみいただけるほか、スマートフォンや PC、タブレット、テレビデバイスで、場所に囚われることなくライフスタイルに合わせて番組を視聴いただけます。
さらに、「ABEMA」のプレミアムプラン「ABEMAプレミアム」(月額960円)に登録すると、限定コンテンツや「動画ダウンロード機能」「見逃しコメント機能」が利用できるようになるなど、「ABEMA」の全ての作品、全ての機能をお楽しみいただけます。
(※1)2021年4月時点、AbemaTV調べ

<本件に関する一般のお客様からの問い合わせ先>

スポーツくじお客様センター 0120-9292-86
スポーツくじオフィシャルサイト https://www.toto-dream.com
独立行政法人日本スポーツ振興センターホームページ https://www.jpnsport.go.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ