「リーグ・オブ・レジェンド」の国内eスポーツリーグ 「LJL」が試合数を増やし新たな日程フォーマットで2月11日(金)よりシーズン開幕

合同会社ライアットゲームズ

平日開催を含む昨年の2倍の開催日数で合計100試合以上を予定水、金、日曜日の週3日のレギュラー配信で国内eスポーツリーグの観戦機会を増やす

Riot Games, Inc.(米国)の日本法人である合同会社ライアットゲームズ(港区六本木、社長/CEO 小宮山真司)は、PCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)」のeスポーツ国内プロリーグ「LJL」(League of Legends Japan League、以下 LJL)[主催:合同会社ライアットゲームズ、運営:株式会社プレイブレーン]の2022年春季リーグ『LJL 2022 Spring Split』を2022年2月11日(金)より全試合オンラインで開催することをお知らせします。


2022年春季シーズンの開幕にあたり、LJLではリーグを応援してくださるファンの皆様の観戦体験および、LJLプロチームの競技力のさらなる向上を目的に、新しい開催日程フォーマットを「LJL 2022 Spring Split」より導入します。

全チーム総当たり3回の合計84試合を実施。シーズン累計100試合以上を予定

プロ選手たちの出場機会を増やし更なる競技力の向上と、チーム同士の対戦回数を増やすことを目的に、対戦形式を「ダブルラウンドロビン」形式から「トリプルラウンドロビン」形式(全チームによる総当たりを3回実施)に変更します。昨シーズンよりも28試合多い合計84試合をレギュラーシーズンに行うことで、チームの戦術強化及び若手選手の育成をリーグとして目指して参ります。プレイオフを含めたシーズン累計の試合数は100試合以上を予定しています。

水、金、日曜日の週3日のレギュラー配信

新シーズンでは週末に加えて、新たに水曜日と金曜日の平日開催を導入し、各曜日毎に1日4試合行います。試合の開催日数を昨年のおよそ2倍の27日に増やすことで、より多くのファンの方々にシーズン中の観戦を楽しんでいただけるリーグ運営を目指して参ります。開催日程及び対戦スケジュールの詳細は近日発表予定です。
なお、LJLは昨年に続き、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて、選手とファンの皆様の健康・安全を最優先に、各出場チームが自チームのゲーミングハウスから試合に参加するオンライン形式での試合開催とさせて頂きます。

【 LJL 2022 Spring Split シーズン概要】

『LJL 2022 Spring Split』は、全8チームによるレギュラーシーズンを2月11日(金)~ 3月25日(金)に開催します。対戦形式は「Bo1」(Best of 1[1試合を先取したチームの勝利])、「トリプルラウンドロビン」(全チームによる総当たりを3回実施)となります。
レギュラーシーズンの上位6チームによるプレイオフを行い、4月10日(日)に決勝戦を開催します。優勝チームには、世界大会「Mid-Season Invitational(MSI)」のLJL代表としての出場権と賞金1,000万円が付与されます。

開催期間:2月11日(金)~ 4月10日(日)

開催日数:合計 27日開催(水、金、日曜日 18:00 開始予定)

試合数:レギュラーシーズン 84試合 ※プレイオフ日程含まず

観戦方法:オンライン配信のみ(現地観戦の予定なし)

出場チーム:AXIZ、Burning Core、Crest Gaming Act、DetonatioN FocusMe、Fukuoka SoftBank HAWKS gaming、Rascal Jester、Sengoku Gaming、V3 Esports(アルファベット順)

※配信プラットフォーム、出演者情報等は後日発表

League of Legends Japan League (LJL)について


『League of Legends Japan League(LJL)』は、PC オンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」の日本公式プロリーグです。2016 年の発足以来、「Spring Split」と「Summer Split」の2 スプリット制で実施され、各スプリットの優勝チームはLoL の世界大会「Mid-Season Invitational(MSI)」と「World Championship (WCS) 」へ、日本代表チームとして参加することができます。国内リーグ含め世界中のプロリーグの試合は動画配信プラットフォームなどでLIVE 放送されており、どなたでも観戦することができます。

公式サイト:https://jp.lolesports.com/
公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/c/LoLeSportsJP
公式ツイッター:https://twitter.com/Official_LJL
公式インスタグラム:https://www.instagram.com/lolesports.jp/
LJL公式ストア:https://official-ljl.stores.jp/

ライアットゲームズとは


ライアットゲームズは世界でもっともプレイヤーに焦点を当てたゲームの開発、パブリッシング、プレイヤーサポートの提供を目指し、2006年に創設されました。ライアットは2009年にデビュー作となる『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』をリリースし、世界中で高い評価を獲得しました。本作は世界中でもっとも多くプレイされているPCゲームとなり、eスポーツの爆発的な成長の主要な牽引役となっています。

LoLが誕生から10年を迎えた今、ライアットは本作の進化を続けながらも、プレイヤーに新たなゲーム体験を提供できるよう、『チームファイト タクティクス』、『レジェンド・オブ・ルーンテラ』、『VALORANT』、『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』、その他にも複数のタイトルで開発を進めています。また、音楽やコミックブック、テレビなどのマルチメディアプロジェクトを通して、ルーンテラの世界の探索を続けています。さらにライアットは、パブリッシングを手掛ける系列会社Riot Forge(ライアットフォージ)を立ち上げました。Riot Forgeはサードパーティーのデベロッパーと連携し、LoLの世界を舞台にした新たなゲームの開発を行っています。Riot Forgeにとって第一作目となる『Ruined King: A League of Legends Story』は、Airship Syndicate社を開発に迎えたターン性のロールプレイングゲーム(RPG)となっています。

ブランドン・ベックとマーク・メリルによって創設され、ニコロ・ローレンCEOが率いるライアットは、カリフォルニア州ロサンゼルスに本社を置き、世界20以上の地域に展開されたオフィスで3000人の従業員が働いています。

ライアットゲームズ公式サイト: https://www.riotgames.com/ja
ライアットゲームズ公式Twitter: https://twitter.com/riotgamesjapan

株式会社プレイブレーン


株式会社プレイブレーンは eスポーツの企画、ブランディング、クリエイティブ、制作プロダクション、イベント運営、プロダクト開発とマーケティングに特化した会社です。2016年の設立から今に至るまで、ゲーム業界、クリエイティブ業界、マーケティング業界など多岐のフィールドに渡ったバックグラウンドを持つメンバーから構成され、日本が世界のeスポーツシーンと肩を並べることを目標に取り組んでいます。

2019年1月よりプレイブレーンは合同会社ライアットゲームズと長期的なパートナーシップを結び、League of Legends Japan League(LJL)の運営ならびに、国際大会の日本語配信を行っています。その他「FUTAROKU」や「RIOT STORE JAPAN」、「TAIYORO」などのサービスも手掛けています。

株式会社 プレイブレーン: http://playbrain.jp/

リーグ・オブ・レジェンドとは


2009年10月に米国でサービスを開始、2016年9月時点で月間アクティブプレイヤーが1億人を突破し、世界各地で大規模な大会が行われている人気オンラインゲーム。マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(通称MOBA)と呼ばれる5人対5人の対戦型PCゲームで、プレイヤーが操作する「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターで相手本陣の攻略を競う。RTS(リアルタイムストラテジー)のテンポと迫力にRPG要素を加え、スピード感のある展開が特徴で、その競技性の高さから、eSportsの代名詞として世界中でプロリーグが開催されている。世界で最も人気なトーナメントの一つである「World Championship」の2020年の決勝戦では、1分あたりのオンライン平均視聴者数(AMA)が2,180万人に上り、eスポーツ界の最高記録を更新しました。多彩なキャラクターや作りこまれた世界観、映像や音楽、などゲーム以外のコンテンツも魅力で、コスプレやファンアートをはじめとした熱狂的なコミュニティ活動も各地で行われている。

リーグ・オブ・レジェンド公式サイト:http://jp.leagueoflegends.com/
リーグ・オブ・レジェンド公式Twitter: https://twitter.com/loljpofficial
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ